2020年12月06日

「コロナ」シミュレーション

20201206corona.jpg施設としていざという時のための動きを設定していますが、それにもとづいて各部署・ユニットでシミュレーションを繰り返しています。
実際に介助してみると検討しなければならないことがたくさん見えてきます。何より、こういうことが起きないようにしないと…。

2020年12月05日

ピアノを弾いてみませんか

20201205piano.jpgふれあいセンターに食事に来てくださったお客様から「ピアノを弾いてもいいですか」と尋ねられました。
是非弾いていただきたいことをお伝えすると、嬉しそうにピアノを奏でられました。日常的にハーモニカに親しまれているそうですが、ピアノは久しぶりだったそうです。
ご来店の際には、皆さんも一曲いかがでしょうか。

2020年11月19日

苑で再会

20201119taimen.jpgデイをご利用の方とショートをご利用の方が、苑内で久〜しぶりの対面を果たすことができました。ご兄弟です。
こういうケースが何組かあります。移動が不自由になりお互いの行き来が大変になったご兄弟、ご親戚が出会う場になっています。その嬉しく再会している様子にこちらも嬉しくなります。

2020年11月18日

分析力を磨こう

20201118kensyu.jpg先日は若手対象の事故防止のための危険予知の研修を行いましたが、今回は副主任を対象としてなぜ事故が起きたのかを分析する力を育てるための研修会です。事故の根本原因を分析する手法を学び事故を防止していこうという学習会です。
コロナの中でも、小人数による学習会が苑内あちこちで開かれています。

2020年11月13日

木目込み毬

20201113servicea.jpgふれあいセンターの介護予防デイサービスAで、木目込み毬づくりの仕上げを行いました。
地域のボランティアの方が講師となり、おひとりで大中小3個の毬を作りました。出来上がった毬に綬を通し、飾り花をあしらった房を付けて完成です\(^o^)/
皆さん、大変お上手です。

2020年11月12日

危険予知研修

20201112kensyu.jpgグループに分かれ介護場面に潜む危険をイラストの場面から読取り、その対策を⽴てることで事故を防⽌するという研修を行いました。
気付きを学ぶということで、法人内の1〜3年未満の介護経験者という若い職員が対象の研修です。身体拘束廃止の基本点の確認も行いましたが、久々に同期に会えた笑顔も印象的でした。
「どう、頑張ってる?」 「うん、頑張ってるよ」

2020年11月03日

ふれあい農園大根掘り

20201103daikon.jpgふれあいセンター運営委員の方が手塩に掛けて育てた大根の収穫です。
軽トラック1台分の大根は太くたくましく、見事に綺麗な肌をしていました。
軒下に吊し収穫の喜びを感じながら一服も大事なことです。
グループホームにもお裾分けしてくださいました。ありがとうございました。

2020年10月29日

感染症対策研修会

20201029kansenkensyu.jpgコロナばかりでなく、これから季節性インフルエンザや感染性胃腸炎にも備えていかなければなりません。
今日は、そのための各職場代表を対象にした2回目の研修会です。
コロナはもちろんのこと、これらの感染症への対策も万全を期して乗り越えましょう。

2020年10月21日

摂食嚥下についての研修会

20201021engekensyu.jpg例によって部署の代表者による研修会です。ここから各部署で伝達講習が始まります。
今日は、食事介助上で欠かせない、病院の言語聴覚士を招いて「食べること」「摂食嚥下とは」…についてお話しを伺いました。
安全においしく食事を楽しんでもらえたらと思います。

2020年10月16日

主任者研修(Zoom)

20201016syuninken.jpg今日は午後から法人の主任者研修が行われました。密にならないように会場を2箇所に分けてのZoomで結んだ研修です。
テーマを「より良いチームを作る/職員育成の取り組み」とし、4本の発表とそれに基づくグループワークで行いました。グループワークは大盛り上がりでした。
日頃からの主任者のテーマであり、悩みも含めて意見交換がなされました。同じ職責者同士の話し合いは、これからの勇気と力になります。